テキーラチャレンジ女性死亡事件

提供: ESGwiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年11月、光本氏が発案したゲームだと言われる「15分以内にテキーラを1瓶飲み干せたら10万円をあげる」という「テキーラチャレンジ」といった一気飲みゲームをラウンジで行い、一気飲みした女性が死亡した事件に関与していたとの報道がなされた。光本氏はデイリー新潮にて「無理やり飲ませたわけではない」と釈明を行った。[1]

光本勇介氏の経歴(wikipediaから引用)[編集 | ソースを編集]

2004年、青山学院大学国際政治経済学部を卒業。同年に外資系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザージャパン(現ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン)に入社。

2008年、株式会社ブラケット(現hey株式会社)を設立し、代表取締役兼CEOに就任。

2009年、ソーシャル・カーシェアリング・サービス「CaFoRe」(2012年に事業売却済み)を設立。

2010年、オリジナルのシューズをWeb上でデザインできるサービス「Shoes of Prey」をリリース。

同年、「モデル」と「企業」のマッチング・サービスである「ModelTown」(2012年に事業売却済み)をリリース。

2012年、誰でも簡単にオンラインストアを作れる「STORES.jp」をリリース。

2013年、株式会社ブラケット(その後STORES.jp、現hey)をZOZOTOWN運営企業スタートトゥデイへ全株式を売却。光本はスタートトゥデイ社の株式945,000株を株式交換にて取得。

2016年、ZOZOTOWN運営企業スタートトゥデイに対してMBOを実施し、株式会社ブラケットの全株式を再取得。同年、同社代表取締役兼CEOを退任し、取締役会長に就任。

2017年、株式会社バンクを設立し、代表取締役兼CEOに就任。同年、物を一瞬で現金に交換することができる「CASH」をリリースし、世間で大きな話題となり、リリース後16時間でサービスを一時停止した。二か月後に「CASH」は再リリースされた。

2017年10月、株式会社バンクを合同会社DMM.comへ全株式を70億円で売却した。

2018年にはストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社とコイニー株式会社を傘下に置く形でhey株式会社を設立し、取締役に就任した。同年11月には合同会社DMM.comに対してMBOを実施し、株式会社バンクの全株式を再取得した。

2019年9月、株式会社バンクを解散させた。同年10月、後払い専用旅行代理店アプリ「TRAVEL Now」を株式会社エアトリへ事業売却した。

2020年4月、「CASH」をBuySell Technologiesへ、また同年10月には有料写真SNS「FOLLOW ME」をUUUM株式会社へそれぞれ事業売却。

2020年11月、光本氏が発案したゲームだと言われる「15分以内にテキーラを1瓶飲み干せたら10万円をあげる」という「テキーラチャレンジ」といった一気飲みゲームをラウンジで行い、一気飲みした女性が死亡した事件に関与していたとの報道がされた。


報道によれば事件発生の2020年11月の1~2年前からテキーラチャレンジは行われていたとされる。

つまり2018年のhey株式会社設立、取締役就任時から行われていた可能性は高い。

他にもhey在籍時は「タバスコテキーラチャレンジ」であったとか、「報奨金なし」で行っていたなどの噂もZ李氏が紹介していた。

光本氏もhey社在籍時に同様の「テキーラチャレンジ」を「やったかもしれない」と答えている。[2]

光本氏自身が「2019年にhey役員を退任しているため関わりはない」と主張しており、hey社も事件について一切コメントを出していない。

「2019年には役員でしたが、すでに退任しております。本件とは切り離して捉えていただければと思います」などと述べている。[3]

光本勇介・hey関係者[編集 | ソースを編集]

光本勇介氏が創業し、非常に関係の深いhey社の株主に名を連ねる投資家の一覧

ANRI社の名前はあるが光本勇介氏の名前は表記なし。

取材によれば「2020年8月にBusiness Insider Japanがhey社長の佐藤裕介氏に取材した際、佐藤氏は光本氏について「役員は退任したものの、依然としてheyの大株主である」と発言している。[4]


hey社は佐俣アンリ氏が、佐俣奈緒子氏・光本勇介氏・佐藤裕介氏の3人を繋げ、立ち上げた会社であり、つながりの深さが伺える。

報道によれば「佐俣奈緒子氏の夫でベンチャーキャピタルANRIの社長でもある佐俣アンリ氏が立役者となり、heyの共同創業者となった3人(佐藤裕介氏、佐俣奈緒子氏、光本勇介氏)での会合が設けられた。」と記述がある。[5]

事件発生時の<謎>の同席者について[編集 | ソースを編集]

事件発生当初には諸説あったが、一部の説は否定されている。

また「当日のテキーラチャレンジ同席者」と「別の日のテキーラチャレンジ同席者」は異なり、更に「テキーラチャレンジしない同席者」も混同されがちなため注意。

・A

・H

・M

・H

・W

・S

・T

・K

事件発生当初の関係者の反応[編集 | ソースを編集]

hey代表 佐藤裕介「(コメントなし)」

ANRI代表 佐俣アンリ「デマをそれっぽくいう人、こわいねぇ。」 (https://twitter.com/Anrit/status/1336168196995309570?s=20


DMM会長 亀山敬司「今回の事件を聞いて、私も悲しい気持ちになりました。お金は稼ぎ方と同じくらい、使い方も大事であると思います」 (https://bunshun.jp/articles/-/42289

作家・投資家 山本一郎「週末報告書読むのサボってたら、例のテキーラ光本勇介さんの件で、創業から関わってたHey(ヘイ)社の光本株買い戻しが進まず当局にクソ情報がタレ込まれていたとかいう話があったみたいで、本当にこんなんで株式上場できるんだろうか…。」(https://twitter.com/Ichiro_leadoff/status/1342750220409479168?s=20

記者・編集者 滝川麻衣子「「ゲーム」で未来ある女性が命を落とした問題でBusiness Insiderとして何度も取材してきた光本氏にインタビューをしています。対象者のいい時だけ発信し、問題があると沈黙することは、媒体としてもできないという考えです。」

https://twitter.com/maikotakigawa1/status/1338802519363833859?s=20

実業家 堀江貴文「要望が多いのでテキーラ事件についてお話しします」 (https://www.youtube.com/watch?v=tUJ1q9Dn9uY

報道記事[編集 | ソースを編集]

《恵比寿テキーラ20歳女性急死》「A子さんは段ボール箱に頭を突っ込んで……」NewsPicks系“天才起業家”「一気飲みチャレンジ」の真相(https://bunshun.jp/articles/-/42176

65億円損させられたDMM亀山会長が語る“テキーラ事件”光本勇介氏のこと (https://bunshun.jp/articles/-/42289)

【独占】テキーラ女性急死・光本勇介氏「1、2年前からテキーラチャレンジ」で問われる起業家の資質 (https://www.businessinsider.jp/post-226201)

ラウンジ女性テキーラ急死事件にも共通か…「金さえ払えば何してもいいと思ってる」港区女子の“ひどい体験”が笑えない(https://wezz-y.com/archives/84219)

テキーラ事件に関連した発信者情報開示請求について[編集 | ソースを編集]

「光本勇介氏が発信者情報開示請求」(https://www.youtube.com/watch?v=Ar3748Yg7lY&feature=youtu.be )

「テキーラ事故の #光本勇介 さんから、スラップ的な発信者情報開示請求が来て困っている人から相談を受けた」 (https://twitter.com/takeshibengo/status/1339846587669856258?s=20)

【テキーラチャレンジ】光本勇介から訴えられたwww スラップ訴訟 訴権の濫用 裁判 記事削除 侵害情報の通知書・送信防止措置に関する照会書 (https://ha-navi.com/te-ch)

関連する意見表明の記事[編集 | ソースを編集]

笛美・人の尊厳をかけたギャンブルを楽しんでいるおじさんについて思うこと

(https://note.com/fuemiad/n/n1a86739bd6ba)


DJ AsadaAkira・光本勇介氏のテキーラ事件は逆側の「フェミサイド」と「無敵の人」 江原ニーナ/佐俣アンリ/ベンチャーキャピタルANRI

(https://note.com/vetement/n/n4f5f1da135c8)


佐俣アンリ・ 匿名アカウントによる一連のご指摘および弊社の考え方について

(https://note.com/anrit/n/n8f8fefcc3674)

DJ AsadaAkira・【反論】佐俣アンリ様の事実誤認について

(https://note.com/vetement/n/nbb1e72b2e6aa)

  1. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E6%9C%AC%E5%8B%87%E4%BB%8B
  2. "いつからこのゲームをしていたのか、との問いには「明確に記憶しているわけではないが、1〜2年前だったと思う」と語った。BANKやheyなどの企業経営に携わっていた時期にもこうしたゲームに興じていたのか、との質問には「そういう機会があったかもしれない」と答えた" https://www.businessinsider.jp/post-226201
  3. https://www.businessinsider.jp/post-226201
  4. https://startup-db.com/companies/0QVwG3zU85VJ6Eye
  5. https://www.businessinsider.jp/post-219205